忍者ブログ

 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



| HOME |

 0510

 カムヰヤッセン稽古場公演2 「頭のトランペット」を観た。
その日は偶然、同会場で東京都の採用試験を受けていた。
(ちゃんと準備しなかったので、論文試験は全然書けなかった)

4人芝居で、2組のカップルと、女性同士が喋っていた。
稽古場ゆえの背伸び的なもの、と当パンには書いてあったものが、
僕には人工物であったり、重さであったり、前景する北川君の作為とか、
緩急等が殺されて均質化したセリフ回しとか、そんな風に見えてしまった。
それを一旦脇に置いて、面白いモノを探せなかったのは僕の容量の限界。
空気触りで言えば、だいぶ前に見た乞局の芝居に似ていたと思う。

カンパニーとして、次回公演とか、3年先とかを見据えているのはわかった。
それはとても重要なことで、やろうと思ってもそうできるもんじゃないと思う。
ただし多くの観客は、もっと近いところ、この公演、もといこの1ステージに
焦点を当てていると思う(僕が芝居を見るときは少なくともそうだ)ので、
そういう、互いの視線の先がずれていることが具現してたんではと思った。

なんて風に、感じの悪いことばかり書いてしまったが、僕はこの劇団が好きだ。
終演後に北川くんから話を聞いて、ロングスパンの焦点を共有することで、
面白いモノもいくつか見えてきた。
でも僕は、演劇という激しく一期一会な媒体において、これが後景に退くのは
やはり残念だなあと思ったのだ。

一瞬近づいて、交わるかと思った瞬間、停止の音がもっくと響いて、
でもやはり音楽は鳴り続けて、距離はまた開いて、僕はまた見失う。

頭の中でごちゃごちゃ考えてもらちがあかないから、実際会って確かめようとしたけど
結局よくわからなかった。
頭が良いひとたちは、さっさとゲシュタルトを見つけ出して道を作ってしまうが、
僕はおどおどしながらその道を歩くばかり。
PR


| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

COMMENT

コメントする


 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。

このエントリーへのトラックバック

BACK| HOME |NEXT

プロフィール

HN:sunasand

個人的なメッセージは
”sunasand★livedoor.com”
宛に送ってください。(★を小文字@に変えてください)

カウンター

最新記事

(09/12)
(08/23)
(08/18)
(08/17)
(08/12)

ブログ内検索

アーカイブ

カテゴリー

リンク

アクセス解析